きょう こころのクリニック 心療内科 精神科 児童精神科
当院は完全予約制です
 

こどものサポート

発達外来・児童思春期外来

お子さまについて、このようなことを心配されていませんか?

  • 注意集中がむずかしい。いつも落ち着きがない、すぐに忘れてしまう。
  • 学力の著しい偏りがある。(読み・書き・計算などの一部だけができない)
  • ことばが遅れている。
  • 同じ行動に強くこだわる、本人が日常生活を送る際に困る癖がある。集団行動ができない。
  • 学校に行けない。
  • おなかや頭が痛いと訴えるが、内科で検査しても異常がない。

一般的な診断名

軽度発達障害、注意欠陥/多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、自閉性障害、アスペルガー障害、チック症(トゥレット障害)、その他の発達障害・発達の遅れ。摂食障害(過食症、拒食症など)、不安症、心身症、社会不安障害(SAD) etc...
Icon

当院では…

小児・児童精神医学における専門経験のもと、個々のお子さまの発達を見守りながら、社会生活への適応能力を高めるためのサポートを行います。

当クリニックには児童思春期専門の臨床心理士が勤務しており、お子さまの得意・不得意分野を評価し、具体的な助言をいたします。必要に応じてプレイセラピー・カウンセリングなど、様々な療法を行っております。

Image Image
Icon

カウンセリングに
ついて

当院では所属心理士(臨床心理士)によるカウンセリングを行っております。「心理士(臨床心理士)」とは、お悩みをもつ方のお話しや表現されたものを、臨床心理学の理論や技術を用いて整理し、お悩みの原因や解決法が見つかるようサポートする「こころの専門家」のことです。心理士が相談者に対して行うサポート方法を心理療法(カウンセリング)といいます。

当クリニックには児童思春期専門の心理士が在籍し、医師との緊密な連携のもと、こころの症状に合わせた幅広いサポートを行っています。

Icon

理事長より、
保護者のかたへ

子どもは発達する存在です。小児・児童精神医学における専門経験のもと、個々のお子さまのこころの成長をサポートいたします。

お子さまを安らいだ気持ちに保ってあげるには、周りの家族のこころが安らいでいることが非常に大切です。ご家族の心理的サポートも行っておりますので、ご安心ください。

理事長プロフィールへ
専門研究領域は、小児・児童青年精神医学です。